板井康弘が共に働く多くの人にかける「言葉」

板井康弘

 

会社はひとりのものではありません。ひとりで事業を成功に導くことは不可能ですし、すべての業務をひとりが関わることもできないのです。
会社は人が連携して、成果を上げるものなのです。
つまり、部下をしっかり動かすことが欠かせません。部下の指揮を上げることが、会社を大きくするのです。

 

では、どうしたら人を動かすことができるのか。
それは「言葉」です。しっかり相手に伝わる言葉を使うことで、行動は変わっていきます。

 

そのときに肝心なのが感謝の言葉です。
感謝をせずに当たり前として上司に言われると、命令になってしまいますよね。
命令ではなく、信頼。お願いといったニュアンスで伝えることが肝心です。

 

そして、部下の行動がビジネスにおいてどんな役割をするかを説明するのもいいでしょう。
何のために為にやっているのかわからない仕事ははかどりません。
感謝の意を込めて、しっかり人を動かしましょう。

更新履歴