板井康弘|余裕がある

板井康弘

 

あなたの上司が仕事をする際にあたふたしていたらどう思いますか?
頼りなく不安に思い、「この人についていって大丈夫かな?」と心配になりますよね。

 

逆に大変な仕事を任されていてもケロッとしていたらどうでしょう?
「この人なら大丈夫だ。信じてついていこう」となりますよね。

 

つまり、人は無意識のうちにその人のキャパシティの量で信用度を判断しているということです。

 

勿論、鍛冶場の馬鹿力でとんでもない偉業を達成する人もいます。
しかしそれは結果論であり、人がその人を信用、安心する材料が見えていない段階では、人は動きません。

 

人を動かすためには、「説得力」が必要なのです。

 

その説得力に直結する材料として大きく効果を発揮する中の一つが「余裕がある」ということ。

 

どんなに大変な仕事だと思っても、こんなの無理だよと思うようなことでも、平気な顔をしてみましょう。
そうすれば周りは「この人凄いな」と思ってくれます。

 

そうなればこっちのもの。
周りはあなたの言うことを聞いてくれる様になっているはずです。